• BluegigaのBLEモジュール BLE112-Aを搭載した基板です。<br>CC Debuggerを接続して、アプリケーションを書き込むことができます。
    • 表
    • 裏
    • 各部の名称とピンアサイン
    • ピンヘッダ未実装仕様もあります
    • CC-Debugger接続例(付属ケーブルで接続できます)
    • うおーるぼっと接続例

    ショップサイトへ

    ショップ概要へ

  • BLE112 mbed風基板 REBLE112WB

    ショップ「ランニングエレクトロニクス

    BluegigaのBLEモジュール BLE112-Aを搭載した基板です。
    CC Debuggerを接続して、アプリケーションを書き込むことができます。



    【BLE112-Aの特徴】
    ■コイン電池や乾電池で動作させることができます。
    ■スリープモードでは400nAで動作し、数百usでウェイクアップすることができます。
    ■チップアンテナ搭載。
    ■工事設計認証取得済み(R209-J00046)。
    ■BGScriptを使用することでアプリケーションをモジュールに書き込むことができます。(要CC Debugger)

    この基板にはBLE112の他に
    ■USB Mini-Bコネクタ
    ■CC Debugger接続用1.27ピッチ10ピンコネクタ
    ■バッテリー等を接続するためのJST PHコネクタ(2mmピッチ)
    が実装されています。

    CC Debuggerは、TI eStoreDigi-KeyRS OnlineMOUSER等で販売されています。(5千円~7千円程度)

    【仕様】
    ■外形寸法 約26.2mm×54mm×16mm (USBコネクタ、ピンヘッダ含む)
    ■2.54mmピッチ20Pピンヘッダ×2が実装済 又は 付属
    ■電源電圧 3.0~5.5V (3.3Vレギュレータ) / 2.0~3.6V (BLE112のみ)
    ■電源は次のいずれかから供給可能 USBコネクタ(3.0~5.5V), CC Debuggerコネクタ(2,0~3.6V), 1番ピン(3.0~5.5V), JST PH 2ピンコネクタ(2.5V~3.6V)

    ■消費電流 400nA(Power mode 3)~36mA(Active mode TX 2 dBm)
    ■ペリフェラル(組み合わせ) UART×2,I2C×1,SPI×2,TIMER(PWM)×3,GPIO×16
    ■動作温度 -40~85°C


    【参考資料】
    回路図
    BLE112データシート
    bluegiga BLE112 商品ページ
    bluegiga tech Forum プログラムツール等 (要無料登録)

    仕様は予告なく変更されることがあります。

    価     格: 5,217円
    在     庫: 在庫あり
    支払方法: 商品代引銀行振込
    注文数:

    >>レビューを見る
    >>このショップの全登録商品を見る

商品については、各ショップへ直接お問い合わせ下さい。
FC2ショッピングモールは販売仲介サービスであり、商品についてのお問い合わせには一切応じることができません。