• ●ご購入に際しましては「特定商取引法に基づく表示」を事前にご確認下さいますようお願い申し上げます。<br><br>●航空便不可(陸送での発送となります)<br><br>入荷数自体が少なくレアなハコヨコクビガメです。<br><br>WC個体です。WC個体。現在甲長約13.5cm。<br>前部の縁甲板に欠損痕があります。<br><br>餌食いは良好で配合飼料等よく食べています。<br><br><br>♀個体に交尾を迫るようになってきました。<br><br><br>■名称:クロハコヨコクビガメ<br><br>■学名:Pelusios niger<br><br>■性別:押す<br><br>■成体になった時の大きさ:甲長約25~35cm<br><br>■マイクロチップ:なし<br><br>■飼育許可:不要<br><br>■原産国:アンゴラ北西部、ガーナ南部、ガボン、コートジボワール東部、コンゴ共和国西部、コンゴ民主共和国西部、赤道ギニア、トーゴ南部、ナイジェリア南部、ベナン南部<br><br>■出生地:アフリカ<br><br>■生年月日:野生最終個体につき不明<br><br>■飼育に必要なケージ:一辺が甲長の3倍以上ある横幅・奥行き・高さで水の張れるケージ。蓋をするなど脱走には注意して下さい。<br><br>60cm×45cm×45cm、90cm×45cm×45cmの水槽でや大型の衣装ケースなどでも飼育可能。できるだけ広いケージが好ましい。<br><br>■ケージ内の温度:25~30℃<br><br>■飼育に必要な機材:上記ケージの他、陸場にできるもの、照明、爬虫類用ライト、濾過装置など。<br><br>■餌:カメ用配合飼料や乾燥エビ、砂肝、エビ、コオロギなど<br><br>■飼育のコツ<br>水場と陸場を設けます。バスキングをすることが多いので陸場にはバスキングスポットを設けます。<br><br>陸場はレンガを積んで作るのが手軽です。<br><br>照明は、爬虫類用のライトとバスキングスポットでOK。<br><br>餌については、多くの個体が配合飼料を食べますがハツやレバー、乾燥エビなども好みます。<br><br>水場の水は、毎日換えてあげるのがベストです。濾過装置を使っている場合でもなるべく頻繁に換水してあげて下さい。<br>脱皮した皮膚や糞などで詰まりがちになるので、濾過装置の濾材も頻繁に洗うようにします。<br><br>ケージ内はなるべくシンプルにし、換水しやすいようにして置くとメンテナンスしやすく、カメのコンディションもよく<br>なります。<br><br>■飼育するうえでの注意点<br>ケージ内の気温と水温が23~25℃を下回る場合は保温して下さい。<br>水場を保温するにはカメ用水中ヒーター、陸場を保温するにはバスキングスポットを設けたり、レッドヒートなどで照らします。<br><br>春や秋の季節の変わり目は、温度の変化が大きいので注意が必要です。
    • 縁甲板欠損。表面は再生しています。

    ショップサイトへ

    ショップ概要へ

  • クロハコヨコクビガメ ♂

    ショップ「PetShop R.B.

    ●ご購入に際しましては「特定商取引法に基づく表示」を事前にご確認下さいますようお願い申し上げます。

    ●航空便不可(陸送での発送となります)

    入荷数自体が少なくレアなハコヨコクビガメです。

    WC個体です。WC個体。現在甲長約13.5cm。
    前部の縁甲板に欠損痕があります。

    餌食いは良好で配合飼料等よく食べています。


    ♀個体に交尾を迫るようになってきました。


    ■名称:クロハコヨコクビガメ

    ■学名:Pelusios niger

    ■性別:押す

    ■成体になった時の大きさ:甲長約25~35cm

    ■マイクロチップ:なし

    ■飼育許可:不要

    ■原産国:アンゴラ北西部、ガーナ南部、ガボン、コートジボワール東部、コンゴ共和国西部、コンゴ民主共和国西部、赤道ギニア、トーゴ南部、ナイジェリア南部、ベナン南部

    ■出生地:アフリカ

    ■生年月日:野生最終個体につき不明

    ■飼育に必要なケージ:一辺が甲長の3倍以上ある横幅・奥行き・高さで水の張れるケージ。蓋をするなど脱走には注意して下さい。

    60cm×45cm×45cm、90cm×45cm×45cmの水槽でや大型の衣装ケースなどでも飼育可能。できるだけ広いケージが好ましい。

    ■ケージ内の温度:25~30℃

    ■飼育に必要な機材:上記ケージの他、陸場にできるもの、照明、爬虫類用ライト、濾過装置など。

    ■餌:カメ用配合飼料や乾燥エビ、砂肝、エビ、コオロギなど

    ■飼育のコツ
    水場と陸場を設けます。バスキングをすることが多いので陸場にはバスキングスポットを設けます。

    陸場はレンガを積んで作るのが手軽です。

    照明は、爬虫類用のライトとバスキングスポットでOK。

    餌については、多くの個体が配合飼料を食べますがハツやレバー、乾燥エビなども好みます。

    水場の水は、毎日換えてあげるのがベストです。濾過装置を使っている場合でもなるべく頻繁に換水してあげて下さい。
    脱皮した皮膚や糞などで詰まりがちになるので、濾過装置の濾材も頻繁に洗うようにします。

    ケージ内はなるべくシンプルにし、換水しやすいようにして置くとメンテナンスしやすく、カメのコンディションもよく
    なります。

    ■飼育するうえでの注意点
    ケージ内の気温と水温が23~25℃を下回る場合は保温して下さい。
    水場を保温するにはカメ用水中ヒーター、陸場を保温するにはバスキングスポットを設けたり、レッドヒートなどで照らします。

    春や秋の季節の変わり目は、温度の変化が大きいので注意が必要です。

    価     格: 44,800円
    在     庫: SOLD OUT お買い上げありがとうございます。
    支払方法: 商品代引銀行振込

    >>レビューを見る
    >>このショップの全登録商品を見る

商品については、各ショップへ直接お問い合わせ下さい。
FC2ショッピングモールは販売仲介サービスであり、商品についてのお問い合わせには一切応じることができません。