• 今月お薦めの珈琲「パナマ/SHBボケテ・ハンカ姫」は、パナマコーヒー発祥のチリキ県ボケテ地区のアルコ・アイリス農園によって栽培されています。<br>&nbsp;&nbsp; &nbsp;<br>ボケテ地区は標高が高く昼夜の寒暖差が大きいため、高品質なコーヒーを栽培するのに適した環境であり、パナマで最も有名なコーヒー生産地です。<br><div>自然が多く過ごしやすい環境のため欧米では移住地としても人気があります。</div><div><br></div>パナマは国土の幅が狭いため太平洋と大西洋の両方の影響を受けその為か同じ地区内でやわらかなコクのあるマイルドタイプ、<br>濃縮感と香ばしさを感じるタイプ、さっぱりとしてフルーティさを感じるタイプなど、様々な多様性のあるコーヒーが生産されます。<br><br>「パナマ/SHBボケテ・ハンカ姫」は、苦みと酸味のバランスの良いコーヒーでさわやかな後味、甘味と酸味がきれいなコーヒーです。<br><div>品種はカツアイ・カツーラで、等級は最高級のSHB(ストリクトリー・ハード・ビーン)で、標高1,100m〜1,525mで栽培されています。</div><div><br></div>生豆も非常に状態がよく欠点豆が少なく綺麗なグリーンです。<br>精製方法が水洗式ですのでクリーンな味わいで、酸味が抑えられ苦みやコクを感じやすいシティーロースト(中深煎り)に仕上げました。<br><br><br>パナマ共和国は中南米に位置する国です。<br>北西にコスタリカ、南東にコロンビアに接し、北はカリブ海、南は太平洋に面しています。<br>南北アメリカ大陸の境に位置しパナマ運河が有名な国です。<br>首都はパナマ市です。<br><br>パナマのコーヒー栽培は1870年〜1890年頃、パナマの西側にあるチリキ県の<br>ボケテ地区で移民によってはじめられたと言われています。<br><br>中央アメリカの中では栽培が始まったのが最も遅く、生産量も少なく知名度があまりありませんでした。<br>しかし2004年にエスメラルダ農園がこの年のパナマの国際品評会「ベストオブパナマ」に出品したゲイシャが当時としては破格の<br>1ポンド当たり21ドル(約2千円)の値段をつけたことで一躍有名になりました。<br>このゲイシャ品種は2019年のベストオブパナマではエリダ農園が1ポンド1029ドル(約11万円)という史上最高価格を更新しました。<br><br>パナマのコーヒー栽培が行われているのはコスタリカとの国境に近い南東部のバル火山付近です。<br>火山灰性土壌、冷涼な気候、豊富な水、理論的な栽培と整った設備での精製により高品質なコーヒーが多く生産されています。<br><br>パナマでは他のコーヒー生産国に比べ労働環境がしっかりとしており、賃金をしっかり支払う必要があったり、<br>元々の地価が高いなどということもあり、コーヒーの価格が高い傾向があります。<br>パナマコーヒーの9割はアメリカへ輸出されています。<br><br><br>

    ショップサイトへ

    ショップ概要へ

  • パナマ/ボケテ・ハンカ姫 中深煎り 200g

    ショップ「大橋珈琲 ‐自家焙煎の珈琲豆専門店‐ 

    今月お薦めの珈琲「パナマ/SHBボケテ・ハンカ姫」は、パナマコーヒー発祥のチリキ県ボケテ地区のアルコ・アイリス農園によって栽培されています。
        
    ボケテ地区は標高が高く昼夜の寒暖差が大きいため、高品質なコーヒーを栽培するのに適した環境であり、パナマで最も有名なコーヒー生産地です。

    自然が多く過ごしやすい環境のため欧米では移住地としても人気があります。

    パナマは国土の幅が狭いため太平洋と大西洋の両方の影響を受けその為か同じ地区内でやわらかなコクのあるマイルドタイプ、
    濃縮感と香ばしさを感じるタイプ、さっぱりとしてフルーティさを感じるタイプなど、様々な多様性のあるコーヒーが生産されます。

    「パナマ/SHBボケテ・ハンカ姫」は、苦みと酸味のバランスの良いコーヒーでさわやかな後味、甘味と酸味がきれいなコーヒーです。
    品種はカツアイ・カツーラで、等級は最高級のSHB(ストリクトリー・ハード・ビーン)で、標高1,100m〜1,525mで栽培されています。

    生豆も非常に状態がよく欠点豆が少なく綺麗なグリーンです。
    精製方法が水洗式ですのでクリーンな味わいで、酸味が抑えられ苦みやコクを感じやすいシティーロースト(中深煎り)に仕上げました。


    パナマ共和国は中南米に位置する国です。
    北西にコスタリカ、南東にコロンビアに接し、北はカリブ海、南は太平洋に面しています。
    南北アメリカ大陸の境に位置しパナマ運河が有名な国です。
    首都はパナマ市です。

    パナマのコーヒー栽培は1870年〜1890年頃、パナマの西側にあるチリキ県の
    ボケテ地区で移民によってはじめられたと言われています。

    中央アメリカの中では栽培が始まったのが最も遅く、生産量も少なく知名度があまりありませんでした。
    しかし2004年にエスメラルダ農園がこの年のパナマの国際品評会「ベストオブパナマ」に出品したゲイシャが当時としては破格の
    1ポンド当たり21ドル(約2千円)の値段をつけたことで一躍有名になりました。
    このゲイシャ品種は2019年のベストオブパナマではエリダ農園が1ポンド1029ドル(約11万円)という史上最高価格を更新しました。

    パナマのコーヒー栽培が行われているのはコスタリカとの国境に近い南東部のバル火山付近です。
    火山灰性土壌、冷涼な気候、豊富な水、理論的な栽培と整った設備での精製により高品質なコーヒーが多く生産されています。

    パナマでは他のコーヒー生産国に比べ労働環境がしっかりとしており、賃金をしっかり支払う必要があったり、
    元々の地価が高いなどということもあり、コーヒーの価格が高い傾向があります。
    パナマコーヒーの9割はアメリカへ輸出されています。


    価     格: 1,000円
    支払方法: カードコンビニ
    注文数:

    >>レビューを見る
    >>このショップの全登録商品を見る

商品については、各ショップへ直接お問い合わせ下さい。
FC2ショッピングモールは販売仲介サービスであり、商品についてのお問い合わせには一切応じることができません。