• <font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13px;"> 公式ウェブサイトは「&nbsp;<a href="https://ripple.com/">Ripple | The World's Open Payment System</a>&nbsp;」です。「 <a href="https://www.rippletrade.com/">Ripple Trade</a> 」でアカウント作成後に、XRPの取引を行うことができます。<br></span></font><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13px;">ripple(XRP)は、</span></font><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13px;">Ripple Labs Incが運営する、暗号通貨・決済システム(電子送金プロトコル)です。</span></font><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13px;">2013年4月に1000億XRPが発行され、これ以降の新規発行はないと発表されており、金融取引のためのトークンとして利用されることを想定しています。</span><div><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13px;"><br></span></font></div><div><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13px;"> rippleは送金処理が早いことが特徴として挙げられ、10秒ほどで相手先に届くようになっています。他の暗号通貨だと、ビットコインで10分程度、ライトコインやモナーコインなどでは、早くても1分半かかるのと比較して、対面販売などの状況では有利と考えられ、ます。<br></span></font><div><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13px;"><br></span></div><div><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13px;"> ビットコインに代表される各種暗号通貨との大きな違いは、Ripple Trade上で各種GateWayと接続の処理を行えば、他の暗号通貨や法定通貨との取引を行うことが出来るメリットがあります。(信頼性のあるGateWayを選択することに、注意が必要ですが。)<br><br>日本国内でもGateWayが開設されており、国産暗号通貨(MONA、KUMA、RIN、ZNY、SKR、SYC、YAY</span><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13px;">)との取引が可能となっています。海外のGateWayを利用すれば、海外暗号通貨(BTCなど)の取引が可能です。</span></div><div><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13px;"><br></span></div><div><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13px;"> 2014年8月より、国際暗号通貨として、BTC・LTC・DOGEの支払いを受け付けるようにしましたが、2015年1月1日より、XRPでのお支払いをお受けすることにしました。交換相場については、RippleTradeJapan・TokyoJPYなど、JPYを扱うGateWay4ヶ所での相場を参考とさせてもらいます。国産暗号通貨間での交換相場は、別途検討させてもらいます。</span></div><div><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13px;"><br></span></div><div><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13px;">なお、当両替所のRipple名は、「 </span><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13px;">~JPNScryptTrade </span></font><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13px;">」です。当両替所でお買い上げ頂いたあと、支払いを行う際にこちらから必要分を選んで頂ければ、XRP支払いに対応できるようになっています。差額が発生しないようにお気をつけいただきますよう、お願いいたします。(複数の方法でお支払いいただく場合には、あらかじめ注文ページの備考欄に記入いただきますよう、お願いいたします。)</span></div></div><div><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13px;"><br></span></div>

    ショップサイトへ

    ショップ概要へ

  • 【支払用】ripple(1XRP)

    ショップ「Japan Scrypt Trade (国産暗号通貨両替所)

     公式ウェブサイトは「 Ripple | The World's Open Payment System 」です。「 Ripple Trade 」でアカウント作成後に、XRPの取引を行うことができます。
    ripple(XRP)は、Ripple Labs Incが運営する、暗号通貨・決済システム(電子送金プロトコル)です。2013年4月に1000億XRPが発行され、これ以降の新規発行はないと発表されており、金融取引のためのトークンとして利用されることを想定しています。


     rippleは送金処理が早いことが特徴として挙げられ、10秒ほどで相手先に届くようになっています。他の暗号通貨だと、ビットコインで10分程度、ライトコインやモナーコインなどでは、早くても1分半かかるのと比較して、対面販売などの状況では有利と考えられ、ます。

     ビットコインに代表される各種暗号通貨との大きな違いは、Ripple Trade上で各種GateWayと接続の処理を行えば、他の暗号通貨や法定通貨との取引を行うことが出来るメリットがあります。(信頼性のあるGateWayを選択することに、注意が必要ですが。)

    日本国内でもGateWayが開設されており、国産暗号通貨(MONA、KUMA、RIN、ZNY、SKR、SYC、YAY
    )との取引が可能となっています。海外のGateWayを利用すれば、海外暗号通貨(BTCなど)の取引が可能です。

     2014年8月より、国際暗号通貨として、BTC・LTC・DOGEの支払いを受け付けるようにしましたが、2015年1月1日より、XRPでのお支払いをお受けすることにしました。交換相場については、RippleTradeJapan・TokyoJPYなど、JPYを扱うGateWay4ヶ所での相場を参考とさせてもらいます。国産暗号通貨間での交換相場は、別途検討させてもらいます。

    なお、当両替所のRipple名は、「 ~JPNScryptTrade 」です。当両替所でお買い上げ頂いたあと、支払いを行う際にこちらから必要分を選んで頂ければ、XRP支払いに対応できるようになっています。差額が発生しないようにお気をつけいただきますよう、お願いいたします。(複数の方法でお支払いいただく場合には、あらかじめ注文ページの備考欄に記入いただきますよう、お願いいたします。)



    価     格: -50円
    在     庫: 90
    支払方法: 銀行振込
    注文数:

    >>レビューを見る
    >>このショップの全登録商品を見る

商品については、各ショップへ直接お問い合わせ下さい。
FC2ショッピングモールは販売仲介サービスであり、商品についてのお問い合わせには一切応じることができません。