• <p>著者:&nbsp; キャサリン・フェハティ、キャロル・グレイ、服巻智子&nbsp; <br>編:&nbsp; 服巻智子&nbsp; <br>訳:&nbsp; 服巻智子&nbsp; </p><p>★授業での展開例から、障害表明、そしてアドボカシーまで</p><p> 本書の第一部は、筆者が長年にわたる経験から、障害表明の考え方、<br>事前の準備、授業のもち方、事後のフォローアップ等について、<br>自閉スペクトラム症(ASD)あるいは注意欠如・多動症(ADHD)<br>など発達に障害のある人々の参考になればと考え、書き記したものです。</p><p> 第2部と第3部は、筆者が障害表明の授業を依頼されたときに活用してきた、<br>キャサリン・フェハティの友だち理解プログラム(第2部)と<br>キャロル・グレイのシックスセンス(第3部)の授業案の紹介です。 </p><p><br></p>
    • 自閉症スペクトラムクラスメートに話すとき

    ショップサイトへ

    ショップ概要へ

  • 自閉症スペクトラムクラスメートに話すとき

    ショップ「ブックストア フロム・ア・ヴィレッジ

    著者:  キャサリン・フェハティ、キャロル・グレイ、服巻智子 
    編:  服巻智子 
    訳:  服巻智子 

    ★授業での展開例から、障害表明、そしてアドボカシーまで

     本書の第一部は、筆者が長年にわたる経験から、障害表明の考え方、
    事前の準備、授業のもち方、事後のフォローアップ等について、
    自閉スペクトラム症(ASD)あるいは注意欠如・多動症(ADHD)
    など発達に障害のある人々の参考になればと考え、書き記したものです。

     第2部と第3部は、筆者が障害表明の授業を依頼されたときに活用してきた、
    キャサリン・フェハティの友だち理解プログラム(第2部)と
    キャロル・グレイのシックスセンス(第3部)の授業案の紹介です。


    - 目 次 -

    第1部 クラスメートに話すということ 服巻智子

    第1 章 子どもの障害について、クラスメートに話すこと
    1)はじめに
    2)「子どもの障害を表明するといじめが増える」という先入観の間違い

    第2 章 発達障害のある子どもにとって、障害を表明することの意義
    1)障害表明の利点
    2)障害表明のデメリット
    3)クラスメートたちの心理 
    4)Honesty -それは人間関係の基本 

    第3 章 誰が話すのか?
    1)クラスメートに話す役割を担う候補者 

    第4 章 小中学校で障害表明をするときの指導例

    第5 章 障害表明実施までの準備と手続き
    1)障害表明の決断は本人が行うものである 
    2)保護者ときょうだいたちの心構えを支援する 
    3)支援者間の役割分担を明確化する 
    4)クラスあるいは学年の保護者会への対応 

    第6 章 友だち授業の実際
    【実践事例】

    第7 章 障害表明後のフォローアップについて
    1)当該児童と当該保護者のフォローアップ 
    2)クラスメートのフォローアップ

    第8 章 自己権利擁護の力を育む
    1)めざすのは、自己権利擁護の力を育てること
    2)成長にともなう障害表明のあり方や開示する対象者の変化
    3)ハードディスクロージャー(診断名を公表する方法) 
    4)ソフトディスクロージャー(診断名を伝えず、特性のみを伝えるやり方) 
    5)実際の適用場面では 
    6)自己権利擁護スキルとアサーショントレーニング 

    第2部 友だち理解プログラム キャサリン・フェハティ
    子どもたちに「人と人との違い」について理解を促進し、共感性を育む教育 

    日本の先生方へ 
    プランA基本形 「友だち理解プログラム(UFP)」の導入 
    プランBオプション 特別支援教室やその在籍児童について紹介する
    プランCオプション クラスメートを理解しよう 
    「友だち理解プログラム」の指導案 
    A.「友だちを理解する」導入 一般論による基本形 
    Part 1 能力
    Part 2 体験学習 
    Part 3 言語理解のデモンストレーションを観察する「食事の準備を整えなさい」 
    プランB オプション 特別支援学級とその在籍児童について紹介する 
    プランC オプション 特定の(自閉症スペクトラムのある)クラスメートについて理解する 
    ■児童書の活用 
    「友だち理解プログラム」準備物リストと体験学習の解説
    ①手先の巧緻性に関する体験学習 
    ②視覚のちがいに関する体験学習 
    ③触覚等の感覚受容のちがいに関する体験学習 
    ④注意集中や聴覚刺激のちがいに関する体験学習 

    第3部 シックスセンスⅡ キャロル・グレイ

    目的 
    本時の目標 
    教材
    所要時間 
    特記事項 
    導入部
    五感について学ぶ 
    相手の視点に立つことと六番目の感覚(シックスセンス)
    感覚について相手の視点に立つ体験学習 
    認知のちがいについて相手の視点に立つ体験学習 
    感情についての相手の視点に立つ体験学習 
    社交的な感覚(シックスセンス)に障害をもっているということは、どういうことだろう? 
    私たちは同級生として、どんな手助けすることができるのでしょうか? 
    まとめ
    授業案「シックスセンスⅡ」について よくある質問とその答え

    総論 服巻智子

    価     格: 1,650円
    在     庫: 96冊
    支払方法: 商品代引銀行振込
    注文数:

    >>レビューを見る
    >>このショップの全登録商品を見る

商品については、各ショップへ直接お問い合わせ下さい。
FC2ショッピングモールは販売仲介サービスであり、商品についてのお問い合わせには一切応じることができません。