• 国公酒は手足の痺れ、半身不遂、口眼歪斜、腰や足がだるくて痛み、下肢無力、歩きづらいなどに用いられます。
    • 国公酒

    ショップサイトへ

    ショップ概要へ

  • 国公酒

    ショップ「本草堂大薬店(北京同仁堂漢方専門店)

    国公酒は手足の痺れ、半身不遂、口眼歪斜、腰や足がだるくて痛み、下肢無力、歩きづらいなどに用いられます。

    国公酒の商品説明

    国公酒の効能
    散風(風の邪気を追い出すこと)、去湿(体内の余分な水分を除去すること)、舒筋(筋肉の動きを伸びやかにすること)、活絡(経絡の流れを活発にすること)の作用があります。

    国公酒の適応症
    経絡不和や風湿による手足の痺れ、半身不遂、口眼歪斜(口や目が歪んで閉じることができなくなること)、腰や足がだるくて痛み、下肢無力、歩きづらいなどに用いられます。

    国公酒の漢方成分
    当帰(とうき)、羌活(きょうかつ)、牛膝(ごしつ)、防風(ぼうふう)、独活(どっかつ)、牡丹皮(ぼたんぴ)、広藿香(こうかっこう)、檳榔子(びんろうし)、麦門冬(ばくもんどう)、陳皮(ちんぴ)、五加皮(ごかひ)、厚朴(こうぼく)、紅花(こうか)、天南星(てんなんしょう)、枸杞子(くこし)、白芷(びゃくし)、紫根(しこん)、補骨脂(ほこつし)、青皮(せいひ)、白朮(びゃくじゅつ)、川芎(せんきゅう)、木瓜(もっか)、梔子(しし)、蒼朮(そうじゅつ)、枳殻(きこく)、烏薬(うやく)、仏手(ぶっしゅ)、玉竹(ぎょうちく)、紅曲(こうきょく)、蜂蜜(はちみつ)、紅糖(こうとう)

    国公酒の用法・用量
    1回10mlを1日2回、経口服用してください。

    国公酒の使用上又は使用後の注意事項
    ○使用前に添付説明書をよく読んでおのみ下さい。
    ○一日の摂取目安量を守ってください。
    ×服用後、不快な症状を感じた場合は、服用を中止し、医師又は薬剤師にご相談してください。
    ×妊娠または妊娠をしていると思われる方は使用しないでください。
    ×未成年者は服用禁止です。
    ×服用後危険な仕事や車の運転などしないでください。

    価     格: 1,900円
    支払方法: 銀行振込
    注文数:

    >>レビューを見る
    >>このショップの全登録商品を見る

商品については、各ショップへ直接お問い合わせ下さい。
FC2ショッピングモールは販売仲介サービスであり、商品についてのお問い合わせには一切応じることができません。