• 快胃舒肝丸は食欲不振、左右のあばらが脹れ、胃袋が刺してるような痛みなどに用いられます。
    • 快胃舒肝丸

    ショップサイトへ

    ショップ概要へ

  • 快胃舒肝丸

    ショップ「本草堂大薬店(北京同仁堂漢方専門店)

    快胃舒肝丸は食欲不振、左右のあばらが脹れ、胃袋が刺してるような痛みなどに用いられます。

    快胃舒肝丸の商品説明

    快胃舒肝丸の効能
    健胃(胃の働き(消化機能)を高めること)、止嘔(嘔吐をとめること)、舒鬱(鬱状態を取り去ること)、止痛(痛み止め)の作用があります。

    快胃舒肝丸の適応症
    肝気欝結(疏泄が欝滞し、気滞の症状が現れること)による食欲不振、左右のあばらが脹れ、胃袋が刺してるような痛み、けっぷ、嘔吐、体が疲れやすくなどに用いられます。

    快胃舒肝丸の漢方成分
    柴胡(さいこ)、当帰(とうき)、白芍(びゃくしゃく)、香附(こうぶ)、木香(もっこう)、沈香(じんこう)、厚朴(こうぼく)、枳殻(きこく)、丁香(ちょうこう)、六神曲(ろくしんきょく)、陳皮(ちんぴ)、茯苓(ぶくりょう)、白扁豆(はくへんず)、甘草(かんぞう)、青皮(せいひ)、檳榔子(びんろうし)、豆蒄(ずく)、砂仁(しゃにん)、枳実(きじつ)、鶏内金(けいないきん)、延胡索(えんごさく)、竜胆(りゅうたん)、白朮(びゃくじゅつ)、羅葡子(らぶし)、橘紅(きっこう)、黄連(おうれん)、朱砂(しゅしゃ)、滑石(かっせき)

    快胃舒肝丸の用法・用量
    1回1包を1日2回、水またはお湯で服用してください。

    快胃舒肝丸の使用上又は使用後の注意事項
    ○使用前に添付説明書をよく読んでおのみ下さい。
    ○一日の摂取目安量を守ってください。
    ×服用後、不快な症状を感じた場合は、服用を中止し、医師又は薬剤師にご相談してください。

    価     格: 990円
    支払方法: 銀行振込
    注文数:

    >>レビューを見る
    >>このショップの全登録商品を見る

商品については、各ショップへ直接お問い合わせ下さい。
FC2ショッピングモールは販売仲介サービスであり、商品についてのお問い合わせには一切応じることができません。