• 京制咳嗽痰喘丸は風邪、咳き、痰が多い、息切れなどに用いられます。
    • 京制咳嗽痰喘丸

    ショップサイトへ

    ショップ概要へ

  • 京制咳嗽痰喘丸

    ショップ「本草堂大薬店(北京同仁堂漢方専門店)

    京制咳嗽痰喘丸は風邪、咳き、痰が多い、息切れなどに用いられます。

    京制咳嗽痰喘丸の商品説明

    京制咳嗽痰喘丸の効能
    散風(風の邪気を追い出すこと)、清熱(熱邪を解消すること)、宣肺(肺の機能を高めること)、止咳(咳をとめること)、去痰(痰の生成原因を除去すること)、定喘(呼吸困難(喘息)を改善すること)の作用があります。

    京制咳嗽痰喘丸の適応症
    外部から寒さを受ける風邪、咳き、痰が多い、気短(呼吸短促)、喘息、横になれない、のどが痒い、胸悶などに用いられます。

    京制咳嗽痰喘丸の漢方成分
    前胡(ぜんこ)、白前(びゃくぜん)、杏仁(きょうにん)、桑葉(そうよう)、麻黄(まおう)、半夏曲(はんげきょく)、化橘紅(かきっこう)、紫苑(しおん)、款冬花(かんとうか)、川貝母(せんばいも)、紫蘇子(しそし)、旋覆花(せんぷくか)、海浮石(かいふせき)、馬兜鈴(ばとうれい)、茯苓(ぶくりょう)、甘草(かんぞう)、遠志(おんじ)、石膏(せっこう)、桔梗(ききょう)、細辛(さいしん)、五味子(ごみし)、桂枝(けいし)、浙貝母(せつばいも)、白芍(びゃくしゃく)、亭歴子(ていれきし)、射干(やかん)、百部根(びゃくぶこん)、黄芩(おうごん)、党参(とうじん)、大棗(たいそう)、蛤殻(ごうかく)、青黛(せいたい)、生姜(しょうきょう)、枇杷葉(びわよう)、薤白(がいはく)、罌粟殼

    京制咳嗽痰喘丸の用法・用量
    1回30丸を1日2回、水またはお湯で服用してください。

    京制咳嗽痰喘丸の使用上又は使用後の注意事項
    ○使用前に添付説明書をよく読んでおのみ下さい。
    ○一日の摂取目安量を守ってください。
    ×服用後、不快な症状を感じた場合は、服用を中止し、医師又は薬剤師にご相談してください。
    ×腎病と妊娠中の方は使用しないでください。

    価     格: 1,500円
    支払方法: 銀行振込
    注文数:

    >>レビューを見る
    >>このショップの全登録商品を見る

商品については、各ショップへ直接お問い合わせ下さい。
FC2ショッピングモールは販売仲介サービスであり、商品についてのお問い合わせには一切応じることができません。