• <p><font color="#330033" size="4">黒小豆</font> <font color="#330099" size="3"><strong>なのに、じつはささげの仲間。</strong></font></p><p><font size="3"> 秋田県などでつくられる黒ささげは、栽培農家が減少しているようです。 黒ささげの多くはタイで栽培されるようになり「ブラックペルン」の名前で輸入されているようです。 黒ささげを使った赤飯は黒紫色になるのが特徴です。  沖縄でつくられる「黒小豆」は、小豆と言う名ですが、じつはささげなんだとか。 種皮の赤い色素にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、抗酸化作用や視力を向上させる効果があるとも言われているようです。 だから、皮ごと食べられるように調理したいですよね。</font></p><p>◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、カリウム、食物繊維、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2<br>◎エネルギー:336kcal (ささげ)<br>◎主な生産地:秋田県、沖縄県。 ※日本国内で流通しているささげは、8割以上が中国やタイから輸入されているようです。日本では沖縄県や岡山県が主力の生産地のようです。 <br>◎体への働き:☆代謝のアップ。体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。貧血の予防。 <br>◎豆の区分:炭水化物グループ <br>◎豆の特徴:つやのある黒色。<br>◎豆の原産地:アフリカ<br>◎主な食べ方:あん、甘納豆、赤飯など<br></p>
    • 発送するのはこのような袋入りです。
    • 近場で配達する場合は、このような袋です。写真は200g入りです。

    ショップサイトへ

    ショップ概要へ

  • 備中産 黒ささげ(別名:黒小豆) 岡山県内産

    ショップ「ひとりぼっちの塩飽農園

    黒小豆 なのに、じつはささげの仲間。

     秋田県などでつくられる黒ささげは、栽培農家が減少しているようです。 黒ささげの多くはタイで栽培されるようになり「ブラックペルン」の名前で輸入されているようです。 黒ささげを使った赤飯は黒紫色になるのが特徴です。  沖縄でつくられる「黒小豆」は、小豆と言う名ですが、じつはささげなんだとか。 種皮の赤い色素にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、抗酸化作用や視力を向上させる効果があるとも言われているようです。 だから、皮ごと食べられるように調理したいですよね。

    ◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、カリウム、食物繊維、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2
    ◎エネルギー:336kcal (ささげ)
    ◎主な生産地:秋田県、沖縄県。 ※日本国内で流通しているささげは、8割以上が中国やタイから輸入されているようです。日本では沖縄県や岡山県が主力の生産地のようです。 
    ◎体への働き:☆代謝のアップ。体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。貧血の予防。 
    ◎豆の区分:炭水化物グループ 
    ◎豆の特徴:つやのある黒色。
    ◎豆の原産地:アフリカ
    ◎主な食べ方:あん、甘納豆、赤飯など

    ■名称: 黒ささげ
    ■産地: 岡山県は備中産
    ■品種: ささげ
    ■内容量: 100g
    ■収穫年: 2018年秋
    ■送料は、別途負担願います。
    ■発送は、クロネコヤマトの宅急便を予定しています。
    ■数量が少ない場合は、郵便局のスマートレター(送料180円)やレターパックライト(送料360円)での発送も可能です。
    ■数量、発送方法に付きまして、ご希望があれば相談に応じます。
                TEL: 080-6313-6856

    価     格: 250円
    在     庫: ただいま在庫切れです。お問合せ下さい。
    支払方法: 商品代引

    >>レビューを見る
    >>このショップの全登録商品を見る

商品については、各ショップへ直接お問い合わせ下さい。
FC2ショッピングモールは販売仲介サービスであり、商品についてのお問い合わせには一切応じることができません。